髪の毛のサイクル | 50代女性の抜け毛対策

TOMIX.com

HOME > 髪の毛のサイクル

髪の毛のサイクル

髪の毛のサイクル

髪の毛は、毛先ではなく毛根部分から伸びていきます。
毛根部分にある毛母細胞が、生まれてから細胞分裂を繰り返し、角質化した細胞を上に押し上げることによって毛が伸びるのです。
つまり健康な毛髪が作られるためには、毛包や毛乳頭があること、栄養状態、血液循環が良いこと、自律神経やホルモン状態が良いことが大切なのです。
頭皮を覆っている髪の毛は、頭部を直射日光や暑さ寒さから護る役割、衝撃から脳を護る役割、体内に入り込んだ有機水銀、カドミウム、砒素毒素などの毒素を毛乳頭を経て体の外へ排泄する役割があります。
毛髪の寿命は個人差はありますが、女性で4~6年、男性で2~5年程度といわれています。
毛髪は一定の期間を経ると自然に抜け落ち、そしてまた、抜け落ちたのと同じ場所から元通り生えてきます。
ですから、抜け毛の全てが全て薄毛の兆候というわけではなく、寿命を終えた毛髪が自然に抜け落ちている事がほとんどなのです。
そしてこのサイクルにより生え替わる周期をヘアサイクル(毛周期)というのですが、ヘアサイクルは3つの段階にわけられます。
「成長期」→「退行期」→「休止期」の段階を経ます。
このサイクルは、個人差がありますが、通常4年~8年で繰り返されているのです。
脱毛はこのヘアサイクルが何らかの原因で短くなり(1~2年)、髪が完全に成長する前に抜ける事で起こります。
成長期初期の髪は柔らかい軟毛ですが、正常な人の場合硬い毛に育っていきます。が、ヘアサイクルに異常がある場合、この軟毛の段階で抜け落ちてしまうことが多いのです。
まず「成長期」というのは、毛母細胞・毛乳頭の活動が活発で分裂を繰り返す時期なのです。約4~8年で、新しい髪が成長する期間といえます。
毛母細胞の分裂が活発でグングン髪が伸びる時期なのです。
次に「退行期」ですが、毛乳頭は萎縮し、毛母細胞は分裂を停止します。やがて毛母と毛乳頭が分離し、毛母は上昇を始め髪の毛の成長はストップします。
毛母細胞の活動が低下しほとんど成長しなくなり、正常な場合、髪はこの時期に抜け落ちてしまいます。
そして「休止期」。これは成長が完全に休止する時期です。
次の髪の毛の生成が始まるとともに、脱毛が始まります。




HOME | 抜け毛とは? | 髪の毛のサイクル | 女性の抜け毛の種類 | 原因を知ろう | 対策方法 | サイトマップ