分娩後脱毛症 | 50代女性の抜け毛対策

TOMIX.com

HOME > 女性の抜け毛の種類 > 分娩後脱毛症

女性の抜け毛の種類

分娩後脱毛症

分娩後脱毛症

分娩後脱毛症(ぶんべつごだつもうしょう)とは、出産後に髪が抜け出し、薄毛になる症状のことです。分娩後脱毛症ともいいます。
程度の差はありますが、妊娠、出産を経験した人の大半に発症している脱毛症で、一気に髪が抜け落ちるため、不安になってしまう人が多くいます。
しかし、分娩後脱毛症のほとんどは心配のいらない症状であり、自然治癒するものとなっているのだそうです。
妊娠中、特に後期は、女性の体内においてエストロゲンなどの女性ホルモンが急激に増加します。
女性ホルモンには毛髪の寿命を長くする作用があるため、本来ならすでに抜け落ちて休止期(毛根が休み、発毛に備える期間)に入っているはずの毛髪が、そのまま成長を続けることがあります。
出産後、女性ホルモンの増加がなくなると、女性ホルモンの作用により延命していた毛髪が突然抜け始め、一時的に薄毛の状態に陥ってしまう、ということなのです。
さらに、出産によって乳児に栄養素を持っていかれてしまうことも原因の一端を担っているようです。
分娩後脱毛症は、女性ホルモン分泌量の落差によって発生するもので、産後2~3ヶ月あたりで症状が見られるようになりますが、この落差が落ち着いてくる産後6ヶ月から徐々に症状が落ち着いてきます。
もともと、抜けるはずだった髪が女性ホルモンによって少々長生きしていたのが、本来の状態に戻っただけなので、自然に回復していくということなのです。
故に、分娩後脱毛症の治療法というものは存在しないのですが、一時的とはいえ薄毛が気になる場合は、バランスのよい食事を摂取し、髪に必要な栄養分を意識して取り込むことで早めに回復することができます。
ほとんどの場合、産後半年~1年で回復しますが、1年以上経っても抜け毛が減らない、薄毛が治らないという時は、もしかしたら別の要因が絡んでいる可能性があるかもしれません。
分娩後脱毛症の時期に、慣れない育児によるストレスや睡眠不足などの要因が重なると、そのまま薄毛が改善されない場合もあります。
また、高齢の場合は分娩後脱毛症の回復が遅いため、1年以上経っても改善が見られない場合は、医師に相談するか、M-1など無添加育毛剤などの使用を検討してみた方が無難でしょう。




HOME | 抜け毛とは? | 髪の毛のサイクル | 女性の抜け毛の種類 | 原因を知ろう | 対策方法 | サイトマップ