脂漏性脱毛症 | 50代女性の抜け毛対策

TOMIX.com

HOME > 女性の抜け毛の種類 > 脂漏性脱毛症

女性の抜け毛の種類

脂漏性脱毛症

脂漏性脱毛症

脂漏性脱毛症(しろうだつもしょう)とは、側頭部・後頭部以外に髪のない状態になってしまう脱毛症です。
頭皮の皮脂腺から過剰分泌してしまった皮脂が固まり、それが毛穴に詰まり毛穴を塞いでしまうことで起こる症状です。
毛穴がふさがるので毛穴が呼吸出来ず、雑菌が増殖してしまったり、血液中の栄養が毛母細胞に届かず、髪の毛をつくる機能がうまくいかなくなってしまうのです。
髪が細くなったり、抜け毛が多くなり頭皮が透けて見えるようになります。これが脂漏性脱毛症なのです。
その原因ですが、血行不良や偏食、また頭皮を洗髪しないことで、皮脂が残っていたり雑菌があったりすること、シャンプー等刺激の強いタイプのもののすすぎ残しなどがあげられます。
また、男性ホルモンによるものともいわれています。
男性ホルモン(テストステロン)は、毛母細胞内の酵素と結合し、DHT(デヒドロテストステロン)という脱毛ホルモンに変換されます。
この脱毛ホルモンにより、抜け毛や薄毛が起こるのだと考えられています。
またこのDHTは皮脂腺を刺激する作用もあるので、これにより過剰に分泌された皮脂が毛穴を塞ぎ、毛の発育の邪魔をするのです。
このような原因により、脂漏性脱毛症は発症するのだそうです。
毛穴が塞がっているので、抜け落ちたあとの毛穴から新しい髪が生えてくることができなくなってしまい、新しい髪の毛が育たずに、髪は抜け落ちる一方となってしまうのです。
脂漏性脱毛症の原因が毛穴が皮脂で詰まっていることですから、治療としてはその詰まった皮脂を取り除き、さらにまた詰まらない状態にすることなのです。
まずは毛穴に詰まったものを取り除くことから始めるのがいいでしょう。
毛穴に過酸化脂質や化学物質等が詰まった状態で育毛剤を使おうとしても、意味がありません。
頭皮の毛穴に詰まった油を浮かし出す方法として、ホホバオイルを使うことがあります。
ホホバオイルには毛穴の奥に詰まった皮脂の固まりを溶かし出し、浮かすことができる作用があります。さらに、皮脂の過剰分泌を抑制したり、髪の毛を守ってくれる力も併せ持っています。
頭皮をきれいにしたあとは、プロペシアなどの摂取などを行いますが、男性ホルモンが原因でない脂漏性脱毛症の場合には、生活習慣を改善することでかなり効果が現れる場合があります。
食生活を改善したり、洗髪をしっかりと行ったりすることで体内環境を正常化します。そうすることで頭皮の皮脂分泌量が抑えられ、治療にもつながるので、悩んでいる方はそういったことに気を付けてみては?




HOME | 抜け毛とは? | 髪の毛のサイクル | 女性の抜け毛の種類 | 原因を知ろう | 対策方法 | サイトマップ