女性ホルモンのバランス | 50代女性の抜け毛対策

TOMIX.com

HOME > 原因を知ろう > 女性ホルモンのバランス

抜け毛の原因

女性ホルモンのバランス

女性ホルモンのバランス

40代、50代になると髪のコシがなくなって、また量も減ってきます。
女性の場合、つむじから頭頂にかけての薄毛、抜け毛というパターンが多いようです。
40代、50代の更年期になると、女性ホルモンのバランスがくずれてしまいます。
女性ホルモンのエストロゲンは、髪の毛の成長に深く関わるホルモンとなっています。
エストロゲンは髪の毛の幹細胞の成長を促し、頭皮のコラーゲン量を増やして、髪にコシを与えます。血管拡張作用もあるので、ヘアサイクルを延ばしてくれるともいわれているのです。
更年期になりエストロゲンが減ることで、抜け毛が増える・・・
このように、抜け毛が出てしまうのは仕方のないことなのですが、最近は若い女性でも、抜け毛や薄毛に悩まされている方が増えてきている傾向にあるそうです。
この現象は、男性と同様に働く女性が増えたことで、仕事でのストレスが増えたことが原因なのではないか、とされています。
また妊娠や出産時の頭髪量の変化は、女性ホルモンの分泌に関係しています。
ストレスがあったり、無理なダイエットをしている人の抜け毛も、ホルモンバランスが原因と考えられているようです。
そのため、頭髪治療などでは、女性ホルモンを補うため、「スピロノラクトン」という女性ホルモンに似た働きをもつ薬を使うこともあるそうです。
また、イソフラボンなどでも補えるので、更年期が原因の抜け毛には大豆製品を食べるのも自衛効果がありますね。ただし摂取量には十分に注意しましょう。




HOME | 抜け毛とは? | 髪の毛のサイクル | 女性の抜け毛の種類 | 原因を知ろう | 対策方法 | サイトマップ