食生活 | 50代女性の抜け毛対策

TOMIX.com

HOME > 原因を知ろう > 食生活

抜け毛の原因

食生活

食生活

抜け毛の原因のひとつとして栄養のバランスが悪い食生活があげられます。
肉類、油類の摂り過ぎは抜け毛の原因となるといわれています。そこで良質のたんぱく質や、ビタミン、ミネラル類を摂ることが、抜け毛予防になります。
ただし、これらはあくまで栄養のバランスが取れていることが前提です。
肉類、乳製品が抜け毛の原因といわれても、それらまったく摂らないのもまた問題です。特に牛肉、豚肉には抜け毛予防に効果的な栄養素も含まれているからです。
髪の毛に良い環境を整えるために、まずは心身ともに良好な状態を保つことが大切なのです。
頭皮の過剰な脂分は毛穴の詰まりやフケの分泌を引き起こします。ですから、焼肉やラーメンなど、油分の多い食事には注意が必要となってきます。
一週間、一ヶ月サイクルの食事のバランスを考えて食べるようにしましょう。
また、意外と油分が多いのがファーストフードやコンビニ弁当です。どうしても食べたいとき、また忙しくて簡単に済ましてしまうときなどもあると思いますが、食事のバランスを崩さない程度の量、回数に留めるようにしてください。
またビタミン、ミネラルを摂取するよう心がけましょう。昆布、わかめ等の海藻類や緑黄色野菜はミネラルやビタミンが豊富です。意識して摂るようにしてください。
抜け毛予防に効果的な栄養素は亜鉛やビオチンです。これらが不足すると抜け毛が増えることがあります。
亜鉛を最も多く含む食品は牡蠣です。また、牛肉や豚肉の赤身部分や豚レバーにも多く含まれています。亜鉛には細胞や組織の新陳代謝を活発にする働きがあります。
またビオチンには細胞の増殖を促進させる働きがあります。ビオチンを最も多く含む食品は鶏レバーです。他に牛レバーやまいわし、鶏卵や鶏肉にも多く含まれます。
なお豚、牛、鶏のレバーにはビタミンB群が多く含まれています。髪の毛が傷んでいたり、枝毛が多い方は摂取しておきましょう。




HOME | 抜け毛とは? | 髪の毛のサイクル | 女性の抜け毛の種類 | 原因を知ろう | 対策方法 | サイトマップ