パーマ・カラーリング・スタイリング剤 | 50代女性の抜け毛対策

TOMIX.com

HOME > 原因を知ろう > パーマ・カラーリング・スタイリング剤

抜け毛の原因

パーマ・カラーリング・スタイリング剤

パーマ・カラーリング・スタイリング剤

現代には様々なヘアスタイルがあり、そのファッション性を高めるために、多くのパーマやカラーリング、そしてスタイリング剤が溢れていますよね。
女性の体は、男性よりもずっとデリケートにできているのです。
女性ホルモンに女性は守られて、女性の髪は薄くなりにくいといわれてきましたが、女性の薄毛が増加しています。 女性は、髪の毛やカラーリング、髪形のことに大変気を使いますよね。美容室に行っても、ヘアスタイルをどうするかとても神経を使う方も多いかと思います。
パーマ剤やカラーリング剤が髪に与える影響についてはよく知られるところで、髪自体にダメージを与えることはもちろん、液剤は頭皮にもかかるので、頭皮も刺激を受けてダメージを受けます。
パーマやカラーをする女性の薄毛や抜け毛は、頭皮はおとろえ、毛は細くなり、4~6年の髪の毛の寿命が短くなりボリウムが減ってきます。
女性の薄毛や抜け毛は、男性と同じように直ぐに育毛剤を使う手当てでは、育毛剤の作用で反対に悪化の危険性が高いので注意が必要となります。
皮脂が多い・薄毛化で、育毛剤を使いますます薄毛になる女性が多くなってきているのです。
これはスタイリング剤も同様で、油分の多いものなどを頻繁に使用すると、毛穴に油汚れが詰まり、炎症を起こすきっかけとなってしまいます。
また、頭皮に負担をかけるようなヘアスタイル(きつく縛ったりなど)も、血行不良などを引き起こすため、抜け毛の要因となり得ます。
パーマやカラーリングは適度な間隔を空ける、ヘアスタイルは頭皮に負担をかけすぎないよう気をつけるなど、日常の中で留意するのが良いでしょう。




HOME | 抜け毛とは? | 髪の毛のサイクル | 女性の抜け毛の種類 | 原因を知ろう | 対策方法 | サイトマップ